MEMBERS社員紹介

M.T.

幼少期からの「話好き」が仕事に活きています

2017年入社
クロスメディア事業部 営業推進課
きっかけ話
『ウマ娘』がきっかけで競馬にはまりました

横浜市出身。
幼いころから話すことが大好き。
高校生の頃にアニメ・漫画・ゲームにハマり、大学では社会学部に入学。
自分の好きなサブカルチャーがどのように時代に影響を与えてきたのかを学んだ。
その頃からなんとなくエンタメ業界への就職というものを考えていた。 また、大学4年間、アルバイトで塾の講師をしていたこともあり教育にも関心があった。
「エデュテインメント」という自分の経験2種類を活かすことができるShoProに入社を決める。

仕事内容

ShoProは、25年前から子ども向けバラエティー番組「おはスタ」の制作を手掛けています。
所属しているクロスメディア事業部には、番組のプロデューサー業務を行う制作チームと、番組のスポンサー営業を行うチームがあります。私は後者のチームで番組のスポンサー営業を担当しています。
本来、テレビ番組のスポンサーの獲得は広告代理店の担務ではありますが、おはスタはShoProの買い切り番組であるため、営業もすべて行う形となっています。

営業担当としての具体的な業務は以下の通りです。
①営業用プレゼン資料の作成
②企業様へのスポンサー営業及び番組説明
③取り組みが決定した各案件の進行管理
④提供費等の管理

営業先は様々で、子ども向けのサービスを展開している企業であれば、食品やテーマパーク、玩具メーカー、さらにはスポーツリーグの企業まであらゆる業種となります。
プレゼンの準備では、営業先の企業様が今一番売りたい商品をリサーチし、それをおはスタでどう紹介できるのか?アイデアをまとめます。私のチームは上司と、後輩の3人なので全員で情報収集とアイデアを出してまとめていきます。企業様へのプレゼンでは、まず「おはスタ」がどんな番組なのか(出演者・視聴ターゲット・コーナーなど)を説明し、番組での紹介プランを提案します。お相手の表情や意図を読み取りながら、話を進める、営業担当の腕の見せどころです。無事に契約が決まると、制作チームのプロデューサーと連携しながら、放送日まで企業様の窓口となってフォローをしていきます。担当クライアントの放送日には、実際に生放送の収録現場に立ち合います。
そして、提供費等の処理を通して、番組制作に必要な大きな金額を管理していきます。制作チームとは日頃連携しながら、仕事を進めています。営業チームが企業様のために立案した企画も番組内で実現できないと意味がないので、番組構成を確認しながら、プロデューサーにアドバイスをもらって進めていきます。

この仕事の魅力・大変なこと

私たちのチームが行っているような営業は、実はShoProの中でも特殊な部類に入る仕事だと思います。配属が決まったときは、一体どんな仕事をするんだろう?と少し戸惑った記憶があります。 そんな、今の仕事の醍醐味としては、様々な企業の方と知り合えることだと思います。
おはスタという番組は【子どもが興味があることであればなんでも紹介する!】という広いテーマをもとにに制作しているため、本当に様々な企業の方々と知り合う事が出来ます。
私は、ずっとゲームが好きなのでゲームメーカーさんとのお打ち合わせはワクワクしてしまいます。実際にプレイしてきたゲームを開発された方々にお会いできるのは貴重な経験です。
また、もう一つの醍醐味は自分が提案した内容が認められ、大きなお金を動かしていることを実感できることです。自分の努力の成果が比較的分かりやすいところも面白い部分だと思います。
大きなお金を動かしていることは大きなやりがいでもありますが、責任重大です。
例えば、数千万円の案件が、自分の対応次第で頓挫してしまう可能性もあるからです。
配属当初は、取り扱う金額の大きさに驚き、緊張しました。また、番組制作の現場を経験したことがないため、企業様からの番組に関する質問やオーダーに瞬時に答えられず、歯がゆい思いをすることも多々ありました。仕事を通して知識を深めたり、上司とよくコミュニケーションをとって色々な視点でアドバイスをいただいたりしながら、だんだんと自信を持って対応できるようになったと思います。企業様から多額のお金を番組に任せていただくので、放送まで、放送が終わってからも丁寧に企業様をサポートすることを大切にしています。

地上波で25年以上生放送をしているご長寿番組に携われる喜びも大きいです。
子ども向け番組だからか、出演者の方もあたたかい方が多く、和気あいあいとした雰囲気です。ロケの空き時間に出演者の方とお話することもあり、このお仕事ならではの面白さだと思います。

自分の○○なところが
役に立っています

「話好きなところ」が役に立っています。
小さな時から人前で話すことが好きで、塾講師時代も数十人の前で授業をしたりと人に何かを伝えることが好きでやりがいを持っていたのだと思います。

営業という仕事は、自分から話をしないといけない仕事ではあると思うので、
自分の元来の性格はプラスに働いているかと思います。あらゆる方々と関わる中で大切にしていることは「明るく元気に話すこと」です。お仕事なので、時には厳しい質問やご意見をいただくこともありますが、負けずにいつでも明るく、分かりやすく伝えることを心がけています。プレゼンをする時は、事前にお相手のニーズや注目していただくであろうポイントを想定して準備をしています。

求められる素質は部署ごとに違いますし、一概にこれさえ持っていれば!という素質は存在しないと思いますが、人と話すことが好きなことに越したことはないと思います。
あとは何か深堀り出来る趣味を持っておくことも個人的には大事かなと…!

ShoProってこんな会社

様々な強みを持っている会社だと思います。
本来であれば別会社となってもおかしくないくらいの事業分野を持っております。
営業をしていると、そういったShoProの強みを中々知らない企業様も多いので、驚かれますし、それを活かした提案は他社にはできない唯一無二の提案になると思います。

ShoProで今後実現したいこと、
チャレンジしてみたいこと

現代はコンテンツの流行り廃りも激しく恐らく今後やりたい事も毎年のように変わっていくのだろうなと思います。
特にデジタル領域はまだまだShoProの事業として足りていない部分ではあると思うので、積極的に勉強し仕事に繋げていきたいと思っております。
世間的には当たり前になっている分野でもありますが、そこでのビジネスモデルというのは、日々変化しているように感じるので常にその最前線にいられる仕事をしたいと思います。

私の愛してやまないもの

ゲーム

寝る間も惜しんでゲームをするぐらいゲームが大好きです!
毎週ゲームを買ってはプレイしています!
新入社員時代のボーナスで買ったゲーミングPCは今でも相棒です!(笑)

ある日のスケジュール

★おはスタの生放送に立ち会う日
5:00起床 準備をしタクシーでテレビ東京のスタジオへ向かう
6:00クライアントと共にリハーサル・生放送に立ち合い
9:00出社 朝ご飯を食べながらメールチェック
10:00企画書作成
12:00お昼
13:00クライアント各社と打ち合わせ
18:30退社
21:00晩御飯を食べながらゲーム

※所属・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。