MEMBERS社員紹介

N.R.

『ポケモン』の価値を高めることが重要な業務です

2019年入社
ポケモン事業部 MDグループ ライセンス3課
きっかけ話
海外に住んでいたことをきっかけに日本のことが大好きに!
その影響もあって中学高校の6年間剣道をやっていました!

幼い頃からまんがやアニメが大好きだった。小学生の時に親の転勤で約4年間アメリカで過ごす。現地でも日本のまんがやアニメは人気で友人と盛り上がることもしばしば。まんが熱は日本を離れても増すばかりで、日本にいる祖父母から毎月コロコロコミックを送ってもらいかかさず読むほどだった。
大学時代はアウトドア系の部活に入り、2週間テント泊で日本中を旅したり山に登ったりと、野外活動にも力を入れる。まんがも変わらず好きだったので、アウトドアとインドアを両立する日々を送る。

就職活動では、自分が今まで触れてきたことを軸にした仕事をしたいと思い、幼少の頃から自分を育ててくれたエンタメ業界を目指して様々な会社を受ける。
ShoProの面接では一番自分の素を出すことができ、自分に合っているかも!と感じ入社を決意。

仕事内容

「ポケットモンスター」の国内の商品化窓口業務を担当しています。原作者(版権元)から作品をお預かりし、メーカーとの間に立って商品化にまつわる権利を管理・運用しています。 具体的に行っていることは以下の通りです。

①担当メーカーと打ち合わせをして、商品化企画の提案を受け、企画内容がポケモンの世界観に合うものかなどを検討。原作者へ企画内容を申請。

②原作者から商品化の許諾を頂いた後は、発売時期やターゲット、販路、デザインなど商品内容の詳細について原作者やメーカーと打ち合わせを重ねる。

③デザインや現物サンプルの監修。ポケモンの世界観に合っているか、ポケモンごとの特徴を再現できているか、など細かく確認。原作者への確認と頂いたご要望やご意見をメーカーと協議の上で商品へ反映させていく。

④商品発売後も販売状況を確認。売上を伸ばすための改善策を練るなどサポートを行う。(キャンペーンの実施など)

『ポケモン』自体の価値を高めるためのブランドコントロールも重要な業務です。
私は現在、主にベビー玩具と書籍の商品化窓口業務を担当しています。

この仕事の魅力・大変なこと

私自身、幼い頃から大好きだった「ポケモン」に関われていることは素直に嬉しいですし、やりがいに繋がっています。
勿論、仕事となると大変なこともたくさんありますが、ポケモンを好きな気持ちと大きなコンテンツに携わっている責任感は仕事をするうえでモチベーションになっていると思います。ポケモンは、世界中にファンの方がいて、人によって好きなポケモンが違ったりするので、あらゆるファンの方に対して喜んでいただくにはどうしたらいいのか?というのは仕事を通じて学んだ点です。

現在は、ポケモンの公式ベビーブランド「モンポケ」の商品化窓口を主に担当しています。ブランドとしての歴はまだ浅く、ベビー業界内での認知拡大に注力しています。
部署の中でも新しい取り組みの1つであるため、先輩に教わるだけでなく自分から積極的に市場研究やターゲットに好まれるデザインを調査して、商品化を提案することは大切にしていることであり、仕事の面白さの1つです。商品化が決まると、メーカーと意見交換をしながら細かく内容をつめていきます。打ち合わせを重ねるごとに製造工程や思いを教えていただいたり、こういったこともこのお仕事の面白さだと思います。

商品化までは発売の何か月も前からプロジェクトが進行します。
担当しているいくつもの企画を各所と細かい調整を重ねて進めていきます。そういった過程を経て、自分が担当した玩具やアパレルグッズを、赤ちゃんが遊んだり、着ている様子をSNSなどで見るととても嬉しく思います。 ShoProはあくまで作品の権利をお預かりして商品化などのビジネスを展開している立場です。原作者はじめ、メーカーなど多くの方と関わる中で、常に感謝の気持ちをもって様々な方と接することを大切にしています。

自分の○○なところが
役に立っています

「色々なことに興味関心を持てること」

学生時代にインドア・アウトドアなど幅広く興味持って取り組んでいたので、社会に出てもこの力は活かせるのでは!と思っていました。幅広い分野・業界の方とお仕事をさせていただく機会があるのですが、好きなまんがのお話やキャンプに関するお話など、色々な話題でお話できるのでとても活かせていると思います。

しかし、入社すると、先輩方の色々な趣味や知識の豊富さに圧倒され、自分なんてまだまだだった…と反省した記憶があります(笑)私も「この分野ならNに相談してみよう!」と言われるような仕事をしたいし、趣味も深めていきたいと思っています。自分の今の長所に満足せずにいつでも積極的に伸ばしていきたいです!

ShoProってこんな会社

自分の意見を話しやすい社風だと感じます。
学生の頃、漠然と会社というものに少し怖いイメージがありました。ですが実際にShoProに入社して、先輩や上司と話をすると、まず私の意見を聞いて尊重してくださり、すごく驚いたことを今でも覚えています。また、相手にすぐに答えを教えず、自分で「考える」機会を作ってくださることもあり、自分の成長に繋がる社風だと感じています。

ShoProで今後実現したいこと、
チャレンジしてみたいこと

オリジナルコンテンツの創出に立ち合い、その商品化や販促施策などコンテンツの拡大に関わってみたいです。0から発展させていくことは、自分でも想像できないような難しさがあると思いますが、その分やりがいもあり、ShoProならではのライセンスビジネスを軸にすることで実現できるのではと思っています。

私の愛してやまないもの

旅行

家にひきこもってダラダラしている時もあれば、土日を使って弾丸で旅行することもあります。(最近は遠出をすることが難しく残念ですが…)写真はコロナ禍前にイギリスに旅行に行った時の写真です!世の中落ち着いたら海外旅行にいきたいです…

ある日のスケジュール

7:30起床
9:00家を出る
10:00出社&一日のスケジュール立て
13:00課内ミーティング
14:00少し遅めのランチへ
15:00新企画についてお取引先と打ち合わせ
16:30新企画など会議用の資料作成
18:00今日の整理&翌日の準備
19:00退社
20:00帰宅後、ご飯を食べながら自分の好きなことをして過ごす

※所属・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。